塗装はこれからも
安定して続く仕事

塗装業界がどのような業界か、ご存知ですか?業界内の仕事の種類や、業界の将来性など、知らないことが多いかもしれません。そこで、塗装業界がいかに堅実で安定していて、やりがいがある仕事なのか、お話を伺いました。

塗装の仕事紹介1 【安定して続く塗装の仕事】

取材協力:東京都塗装工業協同組合
常務理事

平岩 敏史

建築分野とは異なる土木の塗装

塗装は大きく分けて、建築と土木の2種類がありますが、求められるスキルは両者でまったく異なります。建築の場合、重要となるのが建物の美観です。どれだけきれいに仕上げるかが大切で、スキルの習得もそこに重点が置かれます。

一方、土木では、美観も大切ですが、それ以上に耐久性が重視されます。塗装後、検査をするのですが、その際も塗装膜の厚さが測られます。ミクロン単位で塗料の層を重ねていって、規定の厚さになっていればOK。この膜が薄いと構造物の耐久性が低下してしまいますので、しっかり厚く塗るというのは非常に重要なことです。ですから、建築塗装とは塗り方がまったく異なりますし、使う工具も違うのです。
塗装の仕事紹介1 【安定して続く塗装の仕事】
塗装の仕事はじっくり時間をかけてスキルを磨いていくことが不可欠。一人前の職人になるまで5年はかかると言います。

不況に強い塗装業界

塗装業界の興味深いところは、不況に強いことです。どんな建築物でも建ててオシマイということはありません。5年経ち、10年経つ中で、必ず修繕の作業が発生してきます。これは一般住宅やマンションに限らず、橋や鉄塔、倉庫などでも必要な仕事です。

そのほかにも、特殊塗装に含まれますが、トンネルの修繕のような仕事が定期的に発生します。コンクリート構造物の中性化防止・剥落防止工事と言われるもので、塗装でメッシュ材をサンドイッチするような工事です。具体的には、劣化したコンクリートを削ったあとに埋め戻し、平らにしたあとでメッシュ材を貼り、コンクリートが剥がれ落ちないように補強していきます。

こうした修繕・補強工事は必ず発生するので、塗装業界は安定した業界だと思います。特に最近は、高度成長期に建設された大型建造物の補修・補強が急務になっていますので、需要が高い状況が続くと考えています。

塗装の仕事紹介1 【安定して続く塗装の仕事】

厳しい仕事だからこその達成感

安定した業界だからと言って仕事が楽なわけではありません。そもそも肉体を使う仕事自体がとてもハードです。

毎日オフィスに行ってパソコンと向き合うような仕事ではないですからね。常に危険が伴いますし、肉体的にも精神的にもタフさが求められます。職人は昔気質の無口で厳しい人が多いですから、そうした人たちの中でスキルを身につけ、力を発揮していけるようにならなければならない。塗装が厳しい仕事であるのは間違いありません。

そんな厳しい仕事だからこそ、やり遂げたあとの達成感は何物にも代えられません。地図に残るランドマークが自分たちの仕事場で、それを自分たちの力でやり遂げる。ここに面白さと醍醐味を感じられるなら、この業界は本当にピッタリだと思うんですよね。

もちろん、一人前になるのは大変です。辞めていく人もいる。しかし、その分、残った若手はみな、ビックリするくらいにたくましく、シッカリ成長しています。塗装のスキルはもちろん、忍耐力や精神力を含めた人間力の成長を実感できるのが、塗装の仕事の魅力だと思います。

地図に残るランドマークが仕事場。たくさんの人が目にする橋や鉄塔を自分の力で仕上げる達成感は塗装の仕事ならでは。

塗装の仕事のスキルアップ

塗装の仕事は基本的に職人をめざすものです。ですから、塗装業界を志望する人は、まず一人前の職人をめざすことが大切。そこから先のキャリアプランは、自由で幅広くなっていますね。

まずは職人の道を選ぶプラン。多くの人が職人として、今もバリバリ活躍しています。2つ目は、現場の職長やリーダーをめざす道。自分も塗装に関わりつつ、現場を束ねて大きな仕事を成し遂げていく、職長というプランがあります。もう一つは管理者となる道。施工管理者として、現場の仕事が決められた期日内にスムーズに動くよう、施工計画や予算の管理、顧客との調整を行うキャリアプランです。

そうしたキャリアアップを応援するために、会社はもちろん、東京都塗装工業協同組合も試験の費用や講習会の費用を援助するなどして若手の育成をサポートしています。塗装技能士や施工管理技士などの資格は、これからとても重要になりますから、しっかり習得して、成長していってほしいですね。

塗装業界の未来を担う君たちへ

塗装業は、今も、そして、これからも社会から必要とされる仕事です。厳しいけれど、その分やりがいや達成感が物凄い。大変だけれど、その分成長を実感できる。スキルや学ぶべきところは仕事を始めてからでも間に合います。

それよりも大切なのは、やる気と忍耐力。「がんばろう」「なにくそ」と思えるたくましさと強さがあって、どんなことがあっても耐え抜く力があれば、5年後、見違えるように成長した自分と出会えます。ぜひ、この塗装業界で輝いて、自分なりのカラーを出していってほしいと願っています。

「塗装の仕事紹介02」を見る

塗装の仕事の面白さ

東京都塗装高等技術専門校

好きな仕事を思う存分学んで成長できる

キャリアアップに役立つ資格

塗装業界でキャリアアップをめざすなら取っておきたい資格

Back to top